医療用ウィッグは一般用とは違います

抗がん剤の副作用の一つに脱毛があります。治療だけでも辛い想いをするのに、外見がガラリと変わってしまうというのは女性であれ男性であれ、とてもつらいものです。


がん専門ナースなどからは医療用ウィッグを使うことを勧められるでしょう。


脱毛が始まる前に自分にあったものを準備するのがベターです。


医療用ウィッグは直接地肌に当たるということを考慮して作っています。

わたしらしさをほぼリアルタイムに更新、紹介するダイアナ

一般の物とは柔らかさや通気性が違い、フラット縫製という方法で作られます。

お出かけの時だけではなく、お部屋の中でも使用するということを考えて、つけていることを忘れてしまうくらいの、やさしい着け心地にもこだわっていることが大きな特徴です。


気を付けたい事や覚えておきたい事として、次のようなことがあります。
脱毛のために頭のサイズが変わるので、サイズ調整が可能なウィッグを選びましょう。脱毛する前に自分の髪を少しカットしておくことをおすすめします。

抗がん剤を投与して2〜3週間ほどすると脱毛する人が多いです。


同じ病名でも症状や経過は千差万別であるのと同様に、脱毛の仕方も一人一人違います。

治療終了後は元の髪とは違う髪質の髪が生えて来ることが多いのですが、1年半〜2年もすれば、ほぼ元通りの髪質に戻ります。



医療用ウィッグは、シャンプーやトリートメントが可能で、カットやセットやブローも可能です。

これを機会に、今までとは違う髪の色やヘアスタイルを楽しむ人もいます。



自宅まで訪問が可能だというメーカーや1年間メンテナンスが無料だというメーカーもあるので、いろいろと健闘してみると良いでしょう。


がん支援センターがある病院などでは、サンプルを置いていることもあるので、看護師さんなどに聞いてみると良いでしょう。

top